ここは僕の冷蔵庫。後はあれして食べるだけ。

I love the frozen FOOD.

普通自動車(中古車など)を譲り受けた場合、陸運局へ名義変更の手続きが必要。

名義変更の資料

ディーラーさんが、とても細かく教えてくれて助かりました。
が、資料がめっちゃおおいです。。。

名義元
・印鑑証明
・委譲証明
・委任状
・車検証
名義移し先
・車庫証明書
・印鑑証明
・委任状

おおいよー

資料を持って陸運局

そんな資料を持ち、陸運局へいくわけです。
うちの区域は春日部ナンバーなので、春日部の陸運局へGO。
でもまだ、行ってない(笑)

聞いたところによると、めっちゃ面倒かなぁーという話。
記入することがやたらと多いし、よーわからんので、代筆をたのんでちょーだい言われました(笑)
資料渡すと、必要な資料、全部つくってもらえるみたいです。

いざ陸運局へ

前回までに用意した名義変更の資料を一揃いもったら、運輸局へいきます。
所轄の運輸局へ行く必要がありますが、「所轄ってどこよ?」って話ですよね。はい、車のナンバープレートを管理してるとこみたいですよー。
私の場合は、「春日部」ナンバーだったので、春日部ナンバーを管理している運輸局、つまり、春日部なんちゃらなんとか検査場です。正式には「春日部自動車検査登録事務所」っていうみたいです(笑)

ここがまた、やたらと広い

まあ、トラックとかも止めたりするからでしょうか、やたらめったら広いです。田舎だってこともあるけども(笑)
どこに車を止めたらいいか悩みました(笑)

ここでやること

基本は2つです。

  • 名義変更の申請
  • 税報告

資料さえ整っておけば、渡して、少しまって、名前よばれておしまいぐらいののりかな?10分ぐらいだと思います。

名義変更の申請

なんだー簡単じゃないかーと思ったあなた。残念だけど、そう簡単じゃないの(笑)
「資料が整っておけば」って書いたけど、実は、この陸運局で申請書をかかなきゃいけません。前回、資料を用意したと思うのですが、ここに書かれた内容について、要所要所をまとめた資料を、また書かないといけないんですよ・・・・。

う・・・・・

でもご安心ください。
前回まとめた資料を手渡しすると、その資料を「代書」してくれる部署があるんですよ(笑)
私の代わりに、資料をつくってくれるとです。

いい商売です。いいビジネスモデルだよね(笑)

私がお願いしたところは、3100円でやってくれました。
5分ぐらい待ったかな。さささーっと仕上げて、「はいどうぞ」的な感じでした。

いい商売です。いいビジネスモデルだよね(笑)

資料を受け渡してくれるときに、この資料をあちらの番号のところに出してくださいねー言われます。
言った通りに出したら、

はい、名義変更ですねー。承りますー。あちらの椅子にかけてお待ちくださいねー

で、待つこと5分ぐらい。
名前がよばれて、

はい、今日はこれでおしまいですー。名義かえときましたよー

なんとも、楽ちん。
お金払っただけあるのかなん?
たぶん、代書お願いしないと、髪の毛が何本か抜け落ちるのかもしれませんわ(笑)

実はびびってた

周りは、どう考えても自動車整備士さんとか、ディーラーとかの営業さん。
素人私だけだろうなー状態だったのですが、ものすごく楽だったのでびっくりしました・・・。

税申告

名義変更した車が、税金を払っていない状態であれば、次にまっているのは税申告。私がお手伝いした車は、税金支払いずみの車だったので、実際には、前の段階の名義変更でおわりました。
税金の支払いがあれば、名義変更後、「あっこで税金のてつづきをー」言われるみたいです。

まとめ

ディーラーさんに頼んだりすると、結構お金をとられるこの事務手続きですが、私でもできることがわかりました。車庫証明から考えると、それなりに時間や手間がかかってしまいますが、思ったよりもいけますいけます。
申請の書類を作成する免許がいるわけでもないですし、思ったよりもできますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*